スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ハロウィンって何かね?

みなさん、今日は巷ではハロウィンらしいです。
つか、ハロウィンって何かね?
ナイトメア・ビフォア・クリスマスでは幽霊って言うか化け物が出てくるし、ジョン・カーペンターのハロウィンではジェイソンのような殺人鬼が出てくるし、どうやらお化けがらみらしいけど、その割にお菓子を子供達もらってくるよね。
んー・・よく分からない・・
ってことでちょっと調べてみました。
どうやら、2000年前のケルト民族の宗教行事がキリスト教に取り入れられたものらしい・・・
何かね、日本で言う盆みたいな物なんだって。
へぇ~。
家にも幽霊みたいな人が居るわけだけれど、おっさんには間違いなく霊が取り憑いてるよ・・
だってさ、おっさん最近抜け毛が凄いのよ。
確かに・・・昔は頑固な毛根で髪の毛一本でフンッって気合いさえ入れればサイドブレーキの車ごと引っれる勢いだったのよ。
おっさんは、季節の変わり目のせいだと強調してたけど季節の変わり目でハゲたりする人間って居ないよ(*´・д・)(・д・`*) ネー
おっさん騙されないよ。
きっと呪われてるんだ・・
時々机の上でコックリコックリしてイビキかきながら白目剥いてるし・・
きゃーーーーーーーーーー
まぁ、禿げては無いけど、禿げ上がるほどキニナルってお話でした。
(-人-)ナムナム
スポンサーサイト
2005-10-31(Mon)
 

エクソシスト デレクターズカット版

エクソシストは、超有名だよね。
知らない人が居ないぐらい。
これは、そのオリジナルのエクソシストを監督のウィリアム・フリードキンが再編集して、新たに新しいカットを加えて音響を5.1chにした物です。
オイラこの映画は、映画館で見たんだけど、すっげー怖かった!
中でも怖いのは、当時も話題になったけどスパイダーウォークだっけ?
ブリッジして血吐きながら階段降りてくるシーン。
もうね、膀胱内のおしっこだけじゃ足りなくてオナラもおまけで出ちゃうぐらいショッキング映像だったよ?
おっさんもあまりの怖さにはうぁっ!はうぁっ!ひぃ~~~~って体をピクピクさせてるうちに固まって映画館から出てくる頃にはロボットダンスって言うかロボコップのリズムで出てきたよ。はうぁっ、はうぁっ言いながら。
やっぱ、音響が5.1chになると迫力ありますなぁ。
それにオイラ思うんだけど古い映画でも良い映画はなかなか色褪せないって思うのよ。
このエクソシストも良い映画の部類に入れても良いかも知れんね。

有名な映画だから皆さんは知ってると思うけど、まだ見てない方の為に一応ストーリーを書いておきます。
悪魔に取り憑かれた少女の悪魔払いに神父が、悪魔払いの祈祷をするって話。
なんかこうやって書いてみると、簡単な物語だなぁ。
まぁ、その中にカラス神父の悲しみや葛藤なんかも織り交ぜられてるんだけど、あまり詳しく書いちゃうと見ててもつまらない気がするので、詳しくは書かないようにしますね。

でも、この映画、ウィリアム・フリードキンが得意な力強い演出で本当に面白い。
まぁ前半部分の発掘の場面はあまりいらないような気がするけど・・・
まだ見てない方や、ロボコップの動きに憧れてる方は一度は見ておいた方が良い映画だと思います。
お勧めです。
2005-10-29(Sat)
 

ガリガリ症候群

おっさんの足だー
ガリンコしてやるぜー
ガリガリガリ


おっさん、たまらずネズミのおもちゃで対抗


負けてたまるかー
ガリガリガリ


ぶっ壊れてしまった・・・


(´・ω・`)
2005-10-28(Fri)
 

予防注射

今日は、おっさんに無理矢理連れて行かれて予防注射されました・・・
あまりの怖さで肉球にいっぱい汗かきましたよ、ええ・・
卑怯にも白装束に身を包んだ人に後ろからプスリと背中をやられちまったよ・・痛かった・・
んでね、おっさんが憎き針刺すお医者さんに聞いたんだけど、オイラ人間の歳にすると50歳ぐらいなんだってよ?みなさん知ってた?
へー8歳はそんなに歳なんだ・・
つかオイラを無理矢理人間の型にはめようとしても無駄だよ?
今世紀の終わりまで生き延びてやる合い言葉にマッスルマッスルのリズムで頑張るのでよろしくお願いします○┓ペコ
んで、これが動物病院に無理矢理連れて行かれて疲れ切って寝てるところ。


んー・・・
流石のオイラも憔悴しきった渋い顔してますな・・
2005-10-27(Thu)
 

おっさん考察

このブログに時々登場する飼い主のおっさんだけど、どんな人物なのかよく掴めないよね?
まぁいっつも書いてるように何をやるのもヘッポコで有名な人だけど、今日は飼い主のおっさんを考察してみよーと思います。

オイラいっつもおっさん、おっさんって書いてるけど、何歳だと思う?
うん、32歳なんだ。これは間違いなくおっさんの部類にはいるよね?
本人はアホか、俺はまだまだ青春まっただ中でナウしかもヤングマンだっつーの。
って言い張ってるけど、面倒くさいから適当に鼻でフンッって返事とといたw

んで、独身でーす。
おっさんは、ワイは貴族や、独身貴族やで~ワッショイワッショイ
女性の皆さんどうぞよろしくお願いします○┓ペコって勝手に言ってた。

あ、そうそう、おっさんに頼んで自画像を描いてもらいました。
あ、でも家にはペンタブレットとか高級な物無いのでマウスで書いたのでミミズのはったような線になってるけど、そこは勘弁してあげて。


ジャジャーン!おっさん登場!
おっさんの野郎・・・ワザとハンサムに描きやがったな・・
第一なんだよ「やぁ」って。
本人曰く、体から自然に溢れ出す、さり気ない爽やかさを「やぁ」と言う言葉のマジックを使いアクセントとして演出してみたって自分で言ってた。
(´・ω・`) ・・・・

っとまぁ、サラリとした紹介だけど、こんなおっさんと一緒に暮らしてます。
おっさん共々このブログを今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
2005-10-26(Wed)
 

SAW

この前WOWOWでSAWやってたみたいなんだけど、持ち前の野生の観で面白そうな映画の嗅覚に鋭いオイラは、すでにチェック済みですよ。
ってことで今日はSAWの感想を書こうと思います。

この映画は低予算、そして新人監督、新人俳優と映画作りに情熱を持って作られた映画ですな。
んで、脚本の欄には新人俳優リー・ワネルだけしかクレジットされてないけど、どうやら本当は監督のジェームス・ワンと共同で書いた物らしいです。間違ってたらごめんなさい。
しかし、この映画、冒頭から凄いよね。
真っ暗な部屋の中から始まって電灯が灯ると部屋の対象にぶっといチェーンにつながれた男が2人、真ん中では頭を打ち抜いた男性の自殺死体が横たわってる。
何で、自分がここに居るのかさえ分からない状況の中で、この狂ったような状況を作り出した犯人からメッセージがテープレコーダーから流される。
こわっ!
飼い主のおっさんがもしこんな状況に陥ったら膀胱内のおしっこ全部漏らして、自分でも知らない間に(-人-)チーンだよ、絶対。
しかし、この映画、凄く脚本が(・∀・)イイ!!
練りに練られてますな。
映画のように低予算でほとんど一つの部屋だけで物語が進んでいくタイプの映画を時々見かけるけど、何かマンネリ感って言うか飽きが来るんだけど、最初っから最後まで夢中になって見れましたよ。
もうね、ハラハラしすぎて、はうぁっ!ヤ、ヤバイ・・・の連続ですよ。
同じように低予算で撮られた物で有名なのはキューブ、πなどがありますがダントツでこの映画の方が面白いよ。
すごくお勧めです。
あ、そうそう、ケイリー・ウェルズも出てたんだけど、ずいぶん太ったんだね。
あのディズ・オブ・サンダーのエゲレスの貴公子のような気品のあるイケメンが、こんなにふとっちょに・・・
時の流れって残酷だね・・・
2005-10-25(Tue)
 

ハリーポッターとアズカバンの囚人

昨日WOWOWでハリーポッターとアズカバンの囚人をやってたので、今日はこの映画の感想など書こうと思います。

この映画から監督が変わったよね。
クリス・コロンバスからアルフォンソ・キュアロンって人に。
この新監督のことはオイラよく知らないんだけど、大いなる遺産を撮った人らしい。
そのせいか、どことなく雰囲気が変わったような気がします。
クリス・コロンバスの撮った今までのハリーポッターの方が何となく暖かみのあるような、如何にも子供向けな童話の映画化ですよって感じがしたんだけど、この映画ではちょっと、荒々しい感じがしました。いい意味で。
確かにクリス・コロンバスは子供を使った映画、例えばホームアローンとかファミリー映画を撮るのが多いので、子供でも安心して見れるような演出を気を付けて撮って居たのかもしれんね。
それがこの映画から監督が変わったと言うことで、ほんのちょっとだけど少し大人びた表現に変わったような気がします。オイラの主観で。
まぁ大人びたって言っても2、3歳程度だけど。
あんまり関係ないか。

んで、どんなストーリーかと言うとハリーの両親を殺したことに関わってるとされた囚人がアズカバンの収容所から脱獄して、ハリーに危機が迫るって話。

この映画は子供でも安心して見れる映画で、あまり刺激の強い映画が駄目な人にはいいかも知れんね。
でもさ、男の魔法使いってなんて言うんだろうね?
女は魔女でしょ?魔法使いもサリーちゃんに代表されるように女の子だし。
飼い主のおっさんにこのことを話したら、んー・・・って腕組みしながら悩んでた。
たぶん100本ぐらい髪の毛抜けたと思うw
んで、結論としては考えすぎるとハゲますよってことだけでしたよ。
最初の疑問とは全く違う結論が導き出されて思わぬ発見だよね。
おっさん・・・頑張って行こーぜ
2005-10-23(Sun)
 

ファイト・クラブ

みなさん、最近体なまってませんか?
飼い主のおっさんは昔は鋼の体で有名だったと遠い方を眺めながら幻を見るかのように言ってたけど、今はブヨブヨのボディで有名なのね。
おっさんは今でも筋肉モリモリのマッチョマッスルだ!って言い張ってたけどオイラから見たらブヨブヨだけどなぁ。
あ、有名って言っても、デブじゃないよ。
おっさんがここだけは目をキラリと光らせて誤解の無いように念を押されたので、一応言っておくね。
おっさんの微生物のように小さな名誉を守ったところで今日は、ファイト・クラブの感想を書こうと思います。

この映画はブラピとエドワード・ノートンのダブル主演だよね。
映画上映当時はブラピ主演の映画として話題になったけど、この映画はやっぱりエドワード・ノートンがよかったっすわ。
オイラもこの映画でエドワード・ノートンを知った口だけど演技が上手いよね。
確かにブラピも癖のある灰汁の強い演技するけど、タッチの差でエドワード・ノートンがよかったな。この映画では。

どんなストーリーかと言うと不眠症に悩むエドワード・ノートンが飛行機で偶然隣に座ったブラピに出会うんだけど、ひょんなことから2人で喧嘩じゃないんだけど殴り合う。それが評判になって2人が中心になって男同士の殴り合いの場ファイト・クラブを設立していくって話。

この映画、消費社会、物質社会の皮肉に満ちあふれてましたわな。
家のおっさんも偉そうにもうんうんってうなずきながら見てたよ。
確かにみんな生きるのに必要じゃないもの物に、まるで生産者に煽られるように買い続けてるよね。
例えばバック。要は物を入れられれば何でもいいはずなのに、高いブランド物のバックを買ってみたりさ。
そんな皮肉に満ちあふれたこの映画だけど、デビット・リンチャーの神業の演出が光ってましたな。
素晴らしい。デビット・リンチャー本当に職人技の演出をするよね。
オイラこの人の映画大好き。

おっさんもさ、すぐ感化されやすいから、よし俺も今日から男らしくガツンと行くぜって言ってたけど、おっさんがこの映画のようにファイト・クラブで殴り合いしたら一発で間違いなく(-人-)チーンだと思うよ。
2005-10-22(Sat)
 

空飛ぶ団扇対カリスマにゃんこカンフー

飼い主のおっさんの刺客である団扇が飛んできた。
ピューーーーーーーーーーーーン


ガリッ


1本!
勝負アリ!


勝った・・
2005-10-21(Fri)
 

お掃除してますか?

さてみなさん、PCのお掃除はしてますか?
オイラの飼い主のおっさんは、爆発するまで使ってやるを合い言葉に、お掃除することに余念が無いと自分で言ってる訳なんだけど今日はPCの掃除のことなどを書こうと思います。
ま、たまにしかしないけどね。
オイラんちのPCはvaioのPCV-HS51ってやつなのね。
んで、まずフタをはずしまーす。
フタの開け方は機種によってみんな違うと思うので、とんち使ってなんとか頑張ってはずしてみて。
これが開けたところ。


はうぁっ!!!
なんじゃこりゃー。オイラの毛とゴミとパチンコのパ取った文字の毛まみれじゃねーか!!!
何がお掃除大好き人間だよ?
これじゃ、本当に爆発しちゃうよ。
早速、おっさんに掃除機で吸い取るように命令。
ぶぃ~~~~~~~ん


するとこんなにも綺麗になるんだよー
このCPUファンの下には憎きセレロン2GのCPUがあるはず。
すげー・・・なんか得体の知らないテクノロジーが丸見えだ・・・

でも、みなさんも本当に時々PC掃除した方がいいよ?
じゃないと、これ見て分かるように本当に火事になっちゃうからね。
2005-10-20(Thu)
 

片腕カンフー対空飛ぶギロチン

さて、オイラのブログを読んでくださる数少ない優しいみなさん。
この映画を知ってる人は果たして居るのでしょうか?
きっと、居ないと思いますが今日はこの映画を紹介しようと思います。

しかし、目が覚めるような題名だよね。
題名だけで、戦う気満々だし。
そば食べてるときに好きな人に「わたし今から片腕カンフー対空飛ぶギロチン見るんだ」って告白されたら、鼻からそばが出ちゃうよね?
んで、どんな映画かと言いますと題名通り片腕カンフーと空飛ぶギロチンが戦うカンフー映画だよ。
逆にこの題名でメローなラヴストーリーだったら・・・(´-`).。oO(それはそれで面白そうだね)
カンフー映画って言うと香港映画が当たり前ですが、これは台湾映画でジミー・ウォングって人が一人で監督、主演してます。
このジミー・ウォングって人、ブルース・リーの前の世代の人で結構有名な人みたい。
あ、片腕カンフーの方がジミー・ウォングね。
見た人なら分かると思うけど、とっちゃん坊やの方。
このジミー・ウォングって人はきっちり横分けカンフーなのね。
んで、空飛ぶギロチンの方も勝手に飛んできて戦うって訳じゃなくて空飛ぶギロチン使いの目が見えない和尚さんが居ます。
その人の弟子がきっちり横分け片腕カンフーの方に殺されてしまって怒り狂った空飛ぶギロチン和尚が復讐しにきっちり横分けカンフーに戦いを挑むって話です。

この空飛ぶギロチンだけど言われてもイメージがわかないよね?
ギロチンが勝手に空飛んできたら大変なニュースだし。
キル・ビルの日本人の刺客でゴーゴーって居たじゃない。
凶器のついた鉄球に鎖付けてブンブン振り回す。
あんな感じなんだけど鉄球の代わりに頭だけスポって入る袋があるのね。
周りにノコギリの歯がつていて中にもノコギリの歯が付いてるんだけど、和尚さんが目が見えないはずなのにフンッって投げると不思議にもピューーーーーンって効果音付きでスポって入っちゃうのさ。
んで、またフンッって言いながら鎖を引っ張ると首がポコって取れちゃうって仕組み。
これがギロチンかぁ・・・orz
んーーーー・・・(マンダム)

しかしこの映画が凄いのはこれだけではありません。
きっちり横分け片腕カンフーの人が壁や天井を気の力だけで歩けるのです。
これは流石にちょっと厳しいよね?
うん、オイラもそう思った。吊されてるの丸わかりだし。
のみならず、腹に片方の腕を隠してるのバレバレです。
後、インド人の格闘家も出てくるのね。
そのインド人の腕が伸びます。
まるでストⅡのダルシムだよね?
しかも中に棒が入ってるのバレバレだし。
幾らインド人もびっくりでも腕は伸びないでしょう・・・
これが出来たらインド人も真っ青だよね。

っとまぁ、こんな感じの突っ込みどころ満載の映画ですが、何故オイラがこの映画を紹介したのかというと、何か不思議な魅力があって凄く夢中にさせてくれたからです。
確かにギロチンが飛んできたりインド人の腕が伸びてきたり、きっちり横分けが腹に手隠してるのがバレバレでカンフーしてたりとB級テースト満載だけど、このジミー・ウォングって人、映画が大好きなんだなぁ・・ってことがひしひしと伝わってきました。
何かエド・ウッドみたいですな。
まぁレンタルではこの映画が置いて無くて借りられないと思うけど、深夜放送なんかで、もしやることがあったらチェックしておいた方がいいと思いますよ?

あ、あと何故かオープニングのスタッフロールの部分に流れてくるのがパンクっぽいハードロックでした。
なんでカンフー映画なのにハードロックなんだろう・・・
不思議だ・・・
でも、何かカッコ良かったよ?
2005-10-19(Wed)
 

グラディエーター

今日は、グラディエーターの紹介をします。
この映画は名監督リドリー・スコットの映画ですな。
でも、この監督が撮る映画はみんな画面が綺麗だよね?
エイリアン、ブラックホークダウン、ブレードランナーとか、オイラ大好き。
なんか一眼レフのキャメラ写真みたいな感じだし画面の構成も上手い。
冒頭のキャメラを荒い感じで撮って何が何だか分からないような戦争シーンは本当に興奮しましたわ。
すげー・・・って。

あ、余談だけどキャメラってカメラのことね。
今は亡き淀川さんにインスパイヤされて、カメラのことキャメラって言ってみたんだけど、どう(´・ェ・`)カナー
淀川さんもカメラのことをキャメラって言ってたもんね。
オイラの言葉の魔法にかかって、なんか、このブログに高貴な品位が漂ってきた気がしない?
・・・全くしないよね・・・il||li_| ̄|○ il||li
はしゃぎすぎました、ごめんなさい○┓ペコ

んで、ストーリーなんだけどローマ皇帝の息子の陰謀によって、妻子を殺された将軍が命辛々逃げ出したんだけど、その将軍が奴隷に、そして奴隷が闘剣士として人気を博してローマに・・・そして・・・
って感じの話です。

コロシアムで死ぬか生きるかの戦いは凄い迫力で、おしっこチビリそうなぐらいですよ?
おっさんもね、昔剣道やってたんだって。
そんなこともあって、この映画すごく燃えたって言ってた。
おっさんもお勧めのこの映画、買っても今買えばたぶん1000円ぐらいで買えると思うので、レンタルめんどいって人は買うのもいいかも知れませんよ?
2005-10-18(Tue)
 

ビッグ・リボウスキ

今日は、飼い主のおっさんが大好きな映画、ビッグ・リボウスキを紹介します。
関係ないけど、今のBGMはZARDのアルバム、君とのDistanceです。

んで、どんな映画かと言うと、言わずと知れたジョエル&イーサン・コーエン兄弟の映画ですな。
オイラ、コーエン兄弟の映画は大好きなのね。
中でも一番好きなのが、このビッグ・リボウスキ。
その次にミラーズ・クロッシング、バーバーと続きます。
このビッグ・リボウスキとプライベート・ライアンは何回見たことか・・
って言うか、何も見るものが無い時には、ほとんどかけっぱなしにしてます。そのぐらい好きな映画です。
コーエン兄弟の映画は、まさに映画の教科書ですな。
非の付け所がない。
演出は悪いところがほとんど一つもないどころか上手すぎる。
見せ方も上手いし。
ただ、扱う題材が問題なだけで・・・
まぁ、批判は後にして、この映画なんで好きかって言うと飼い主のおっさん、そっくりなのね。
おっさんに、本当に似てるw
生活態度って言うか行動が。
いや、流石にこんなにはだらしなくないよ?
むしろ、きれい好きで有名だっつーのって自分で言ってた。
どこで有名なの(´・ェ・`)カナー
ただ、なんて言うか雰囲気がすごく似てる。ジェフ・ブリッジェスがふんする主人公の雰囲気に。
オイラ、アメリカ映画では滅多に笑わないんだけど、この映画はすごく笑いましたわ。

んで、ストーリーは狂言誘拐の話です。
ファーゴも似たような狂言誘拐の話で評価も高いけど、オイラはこっちの方が何倍も面白いっすわ。
出てる俳優も癖のある俳優ばっかり。
だらしがなくて汚い言葉ばかり使うジェフ・ブリッジェス、保守主義ですぐぶち切れる銃オタのジョン・グットマン、どんな話でも割って入るスティーブ・ブシェーミ、変な紫色の服を着てボーリングするジョン・タトゥーロ。
すごく濃いよね?
んで、みんな心に傷を持っていて、まぁ簡単に言うと人生の落第者みたいな感じですな。
この人たちが狂言誘拐に巻き込まれるって話です。
まぁ好き嫌いはあると思うけど、オイラは面白かったよ?
良かったらレンタル屋で借りて見てみて。

PS:君とのDistance聞いてたら、なんかおっさんが段々切なくなってきた模様。
はぁ~・・・燃えるような恋がしたい・・・
っておっさんが呟いてた。何だよ、燃えるような恋ってw
おっさんm9(^Д^)プギャー
2005-10-17(Mon)
 

ジーン・ハックマンの呪い(その後)

たぶん数人しかいないオイラのブログを読んでくださる優しい皆さん、リカバリしてきて、やっと戻ってきましたよ。
○| ̄|_・・・ヤァヤァ(:D)| ̄|_

ここから読んだ人の為にあらすじを言うと、うっかり失言したオイラはジーン・ハックマンに呪われてしまったが、飼い主のおっさんにPCをリカバリさせて見事にジーン・ハックマンの呪いをかわしたのだった。
が、うっかりかわした先に床屋から帰ってきたばかりのおっさんが・・・←今ここ
詳しくは前のジーン・ハックマンの呪い、フレンチ・コネクションのところを読んでみてください。

まぁ結論から言うと、PC直った模様。
って言うか、そー言うことにしました。
と言うのも、電源を切るを押して電源を落としますよね?
今度は、電源がずーっと落ちないで、例えるなら、つねってもワキをコチョコチョしても(・∀・)←この顔のまま動かないんですよ。オイラのパソコン。
決してフリーズしてる訳じゃないんです。
マウスポインタは動くしスタートメニューも出せるんですが、今度は電源がなかなか落ちない・・・
なんでだよ・・・PCのバッキャローっておっさん泣き目になってた。
もしかして、HDDもうすぐ逝きそう?
ヤバイ・・・せっかく集めたお宝動画をバックアップする作業にかからなければって、おっさん焦ってた。
でも、何回か電源を切るを押すと電源落とせるんだよね・・
なんでだろ・・・∑(゚Д゚)ハッ!もしかして、まだ呪いが解けてない?
きゃーーーーーー竹内結子さーーーーん、中村獅童の次に結婚してーーー
っておっさん言ってた。
きゃーーの意味が違うだろ・・・おっさん疲れてるの(´・ェ・`)カナー
ま、いっか(・ε・)キニシナイ!

でも、一応バックアップ取って置いとこっと。
PCのどこが壊れてるのかパトランプとかで知らせてくれたらいいのに(*´・д・)(・д・`*) ネー
全く、難しいったらありゃしませんわ。
プログラムとか自分で組んでる人、すごいよね。
マジ尊敬するっすわ。
オイラは猫だから知らないのは、当たり前だけど、おっさんもhtmlタグとか全く分からないからね。
プログラム組んでる人とかは、どこがぶっ壊れたのかすぐ分かるんだろうなぁ・・・
はぁ・・・・ま、完全にぶっ壊れるまで、ごまかしごまかし使って行くことにしますよ。


↑考えてるおっさんの後ろで考えてるフリをしてるオイラ
2005-10-16(Sun)
 

ジーン・ハックマンの呪い

ヤバイ・・
パソコンがぶっ壊れた・・・
○| ̄|_・・・・チラッ(:D)| ̄|_

あのですね、電源を切ろうと思って終了オプションから電源を切るを選びますよね?
あ、オイラんちのパソコンはwindowsXPなのね。
昔流行ったvaioってやつ。
でもね、おっさんその頃PCのこと、全く分からなかったのでセレロンの2G買っちゃったんだって。(ノ∀`)アチャー
メモリは増設してるんだけど、ええ、すげーもっさりっすよ・・・
後で、泣きながら抗議してた。オイラに。オイラ、店の店員じゃなくて猫なんだけど・・

んで、症状なんだけど電源を切るを選んでも電源が切れないで、再起動しちゃう怪現象なんだって。
何でだろ・・・っておっさん禿げ上がるほど考えたんだけど、たぶん消さなくともいいレジストリ消したからおかしくなったんだろって言ってた。
インストール、アンインストールとかupデートしてると自然にレジストリに屑が溜まってくるよね?
そいつを消そうとおっさん、時々レジストリ除去ソフト使って綺麗にしてるんだって。屑が溜まってると起動が遅くなっちゃうもんね。
ただでさえもっさりしてるし。

でもね、オイラはそんなのが原因じゃないと思うんだ。
きっと、男汁のことジーン・ハックマンって言ってたからだと思うんだ。
よく考えると、脳内物質のことをジーン・ハックマンなんて言うのは失礼にもほどがあるよね?
だから、きっとジーン・ハックマンに呪われてしまったんだよ・・
俺はアドレナリンじゃねーって。ピュピュッっとなんて出ねーよってね・・
ぎゃあああああああああああああああ。
ごめんなさい、ごめんなさい。
もう男汁のことジーン・ハックマンなんて言いません。
許してください。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

ってことで今からバックアップ取ってOS再インスコしてきまーす。
ハード的にぶっ壊れてなければ、これで直るはず。
うっかり失言してしまって呪われてしまったオイラですが、このチラシの裏に書いたようなオイラのブログ読んでる数少ない優しい皆さん、どうか見捨てないでやってください。
お願いします○┓ペコ


↑考えてるおっさんの横で考えてるフリをしてるオイラ。
2005-10-15(Sat)
 

シン・シティ

はうぁっ!な、なんじゃこれー・・おもすれー・・
これが見終わったばっかりの時の感想。
もうね、見終わったら暫く放心状態。
( ゚д゚)ポカーン←こんな感じ。
この映画ステルスと同じように、ほとんど前知識も無いままに見に行ったんだけど、アメコミだったんですな。
知らんかった。
が、しかし勘の鋭いオイラは、すぐ分かったよ?
だって、何から何まで全部禿げ上がるほどデフォルメされてるんだもの。
表現の仕方からストーリー展開、そして物語まで。
まるで、アメコミそのまんま。
そして全編ハードボイルドで貫いてましたわ。
凄かった・・・
出てたよ、男汁。またはジーン・ハックマン(ここではアドレナリンのことをジーン・ハックマンと呼ぶことにしてます。詳しくはフレンチ・コネクションの所を読んで見て下さい)
それも出てる登場人物、すべてに。
前にステルスが凄いって書いたけど、こっちの方が10倍凄かったっすわ。
だって、ハードボイルドアメコミ漫画がそのまま映画として実写化されてるんだよ?
これが凄くないはずが無い!
もうね、凄すぎて2時間ずーっと( ゚д゚)ポカーンって感じでした。
それに胃がキリキリするような緊張感。
何故かというと、この映画凄く残酷です。
生首が出てきたり、腕が切られたりと・・・
かなり残酷。
そして、ほぼ全編通して白黒なんだけど、時々アクセントのように色が入ってる。それも良かった。
なんかアメコミを連想させるしハードボイルドを感じさせる効果もあったしね。
でも、そればかりじゃなく、カラーだったら視聴に耐えられなかったのでは?残酷すぎて。
出演陣も超豪華。
ブルース・ウィルス、ミッキー・ローク、ベニチオ・デル・トロ、ジェシカ・アルバ、マイケル・マドセン、ジョッシュ・ハートネット、ルトガー・ハウアー・・・
素晴らしい・・・よくこんだけ主役級の俳優集められたと関心ですよ。
中でも、ミッキー・ロークは素晴らしかった!
怪力男の役をやってるんだけど、もうね、顔の原型は留めてなかったよ?
あ、また整形に失敗したとか、そんなんじゃなくて。
特殊メイクだったんだけど、何て言うか・・・キン肉マンのバッファローマンみたいだった。そんくらい、超人技の連発だし、濃いキャラクターだった。
男汁も出てたしね、またはジーン・ハックマン。ピュピュッって
すげー・・・( ゚д゚)ポカーン

んで、ストーリーは3つの独立した短編の物語があって、連続少女殺害事件の話。怪力男の復讐の話。売春街の乗っ取り抗争の話。
詳しくストーリー書かなくとも、これだけで内容が濃いのが分かるよね?
正直、ロバート・ロドリゲスの映画は、まぁ面白く無い訳じゃないけど、そんなに取り立てて面白いって訳じゃないって思ってた。
でも、この映画で見直しましたわ。
原作のフランク・ミラーって人も共同監督してるんだけど、その人のおかげかな?
この映画の成功でシン・シティ2も制作決定だって。
ええ、オイラは絶対見ますよ。
オイラ男汁、またはジーン・ハックマンがピュピュッって出まくってる映画大好きだしね。
今映画館で見るなら、間違いなくシン・シティをお奨めします。
是非見てみて。
2005-10-14(Fri)
 

先輩・・伝説の樹の下で待ってます・・

先輩・・・伝説の樹の下で待ってます・・・


しばらくしたら、飼い主のおっさんが来た。
(´・ω・`)
(´・ω:;.:...
(´:;....::;.:. :::;.. .....


・・・・・・


ガリガリガリガリ


・・・・・・
2005-10-13(Thu)
 

フレンチ・コネクション

今日は名作フレンチ・コネクションのことなど書こうと思います。
フレンチ・コネクションはアカデミー賞何部門もとった名作だけど、堅苦しくないのがいいよね。
アクション満載で。

んで、この映画の見所はなんと言ってもジーン・ハックマン扮するポパイ!
凄いよね、この人。
もしアドレナリンが人の形してるとすれば、それは間違いなくジーン・ハックマンの形してると思うよ?
額に青筋ぶったてながら、思いっきり走って犯人を追いかけ回してぶん殴るのも脅迫も躊躇せず追いかけ回すって、すげー・・・
パチンコのパ取った文字の青筋みてぇー・・・って感動したものです。
飼い主のおっさんなんか、いっつも目も虚ろにフラフラと歩いてるからさ、もしポパイが犯人を追いかけてる所に偶然出くわしたら、わざわざ、ぶつからなくともジーン・ハックマンを取り巻くアドレナリンの気の力だけで飛ばされて一発で(-人-)チーンだよね?絶対。
有名なのは電車に逃げ込んだ犯人を車で追いかけるシーンだよね。
あのスピード感はすごいっすわ。
今見ても肉球に汗を握って見れる。

んで、ストーリーはヨーロッパからやってきた麻薬の大ブローカーをポパイ達が追い詰めていくって話。
でも、なかなかしっぽがつかめず、無理しながら・・・って言うかほとんど、オイラが勝手に付けたアドレナリンの異名の通り力技で追い詰めていく。
ウィリアム・フリードキンの演出もすごくよかったですな。
スピーディーで。
あ、あとポパイとコンビを組むロイ・シャイダーも良かったよ。
ジーン・ハックマンほどじゃなかったけど、青筋立ててたし。
2005-10-12(Wed)
 

ステルス

今日は映画館でステルスを見てきました。
早速、感想などを。
この映画は、ポスター見れば一発でどういう映画か分かってしまうよね?
戦闘機ものですよ。それだけじゃなくて絶対ドックファイトもあるはず。
しかも激しいやつ。
そして爆発もあるはず。
ランボーみたく怒りの爆発じゃなく飛行機の。
と、まぁこのくらいの予備知識で見に行ってきました。
そしたら凄かったね。
超音速でのドックファイト!
すっげード迫力で、もうね、鼻血ブーですよ。
しかもこの映像。
こんなの見たことの無いですよ?
戦闘機での戦いがいっぱいあってよかったっすわ~
大体この手の映画はドックファイトの部分は予算の関係だと思うけど、少ないものだと思ってたんだけど、この映画は長かったです。
監督はロブ・コーエンだったんですな。
そんなことも知らなかったオイラ。
あ、そうそうジェイミー・フォックスも出てたよ。
主人公じゃなく助演だったけど。

んで、ストーリーなんだけど、知能を持つコンピュータが無人の超音速ステルス戦闘機に搭載されていて、それが暴走してしまうってもの。
これ以上はネタバレになっちゃうような気がするので言わないことにします。
オイラみたいに前知識はあんまりない方が楽しめると思うしね。
ただ、ちょっと安っぽいヒューマニズムやピバ・アメリカ軍みたいのもあります。
そう言うのが苦手な人や緻密な設定じゃないと楽しめない人にはお勧めできないけど、ただ、遊園地のアトラクションのように単純に映画を楽しみたいって人には、すごくお勧め!
是非見てみて。映画館で。
2005-10-11(Tue)
 

暇だ・・・

暇だ・・・


おっさ~~~ん


遊んでおくれよ~
ペロペロ舐めてあげるからさぁ~


え?


おっさん、「おおチコ来たのか」と言いながらオイラを急に抱っこした
はい、キッス(´;゚;3;゚;`)んー


・・・・・


・・・・・
2005-10-10(Mon)
 

いま、会いにゆきます

今日はWOWOWで「いま、会いにゆきます」をやってたので、それの感想を書こうと思います。
この映画オイラ噂では知ってたんだけど、まだ見てなかったんだよね。
つか見る気が全くしなかったってところが正確。
なんとなーくあらゆる意味で安っぽい感じがして。
んで、WOWOWでやってることだし見てやるかぐらいの気持ちで、全く期待しないで鼻くそホジホジしながら見てみたんだけど、見終わったら・・・
感動や、感動の祭りやでぇ~、ワッショイワッショイ
おっさんもオイラが覗いてみたら涙目になってた。
竹内結子も綺麗だったよね。
おっさんもか、かわいい・・・
是非とも文通から始めたいので、よろしくお願いします。
とか訳の分からないこと言ってたけど、リアルで家の飼い主のおっさんなんて見たら屁ぶっかけられて終わりだよ?
まぁ竹内結子さんぐらいの立派な人間なら、そんなことしないで丁寧にお断りすると思うけど・・・

あらすじは、1年前に妻が死んでしまったんだけど、その妻がある日突然夫と息子の前に姿を現すってもの。
その妻は何でここにいるのか分からず夫や息子のことも分からない。
要するに記憶喪失みたいな感じですな。
そこから妻と夫の出会いから恋に落ちるまでを散りばめながら物語が進んでいくってストーリーです。

まぁ確かに演出や雰囲気、カメラワークなんかはTVドラマの延長線のようで、正直安っぽいなぁって思いました。
けど、感動しますよ?
作品のデディールにこだわらない人なら楽しんで見られるはず。
そんな人にはお勧めです。
2005-10-10(Mon)
 

BLOOD THE LAST VAMPIRE

今日飼い主のおっさんがテレビ付けっぱなしにしてたら偶然BLOOD+ってアニメをやってた。
勘の鋭いオイラはちょっと見ただけで「はうぁっ!も、もしや、これはBLOOD THE LAST VAMPIREのテレビアニメ化されたやつでは?」
っ気が付いてしまいました。
どうやらオイラの推測は当たっているらしい。
なので、今日はBLOOD THE LAST VAMPIREのことを書いてみようと思います。
オイラはアニメに対して偏見はないです。
まぁ見て明らかにオタクっぽいアニメなどは全くオイラは興味がないけれど、オタクっぽくないアニメなら実写とやってること同じじゃない?
オイラにアニメに対する考え方を変えさせたのはAKIRAだけど、この話はまた後で。
んで、本題のBLOOD THE LAST VAMPIREなんだけど、この映画は上映時間は50分しかなく上映された映画館も限られてて、オイラの住んでるところの近くじゃ上映されませんでした。
なので初めて見たのはおっさんがDVDを買ってきたとき。
そしたらビビった!
おっさん、実はそんなに期待しないで買ってきたみたいなのよ。
まぁ暇だし、なんか面白そうだなぁってぐらいで。
凄い迫力だったね。CGを駆使した映像も洗練されてるし、まぁ何より最近やってたガンダムのように小綺麗な顔をしていないのが逆に(・∀・)イイ!!。
主人公は女の子なんだけど、何って言うかこの娘、禿げ上がるほど顔が凄く険しい!
うりゃあ、ぶった切ってやるぜ!って顔満々ですよ。
たぶん飼い主のおっさんなんかの加齢臭が漂ってきただけで、ぶった切られるね。きっと
そんぐらい、険しい。
んで、内容は簡単に言うとバンパイア同士の戦い。
バンパイアにはピストルは効かなくて刀とかで大量の血を流さなければ死なないって設定。
たから主人公の女の子は刀を振り回して戦うって訳。
この映画すごくいいです。
映像は迫力満点だし、オタクっぽくない絵も(・∀・)イイ!!
一回は見ておいた方がいい映画だと思うよ?
短いしね。
2005-10-09(Sun)
 

おっさんの決意

おっさん、ついにタバコやめるんだって。
急に言われたのでビックリして、( ゚д゚)ポカーンって表情のオイラ。


まぁ今まで何回もやめるって言って止められなかったから、今回も無理だと思う。
いつまで続く(´・ェ・`)カナー
どれタバコ一応どんだけ残ってるかタバコチェックしとくから見せろって。


そう言ったら見せてくれた。
1本、2本・・・


はい、4本ね。


これ以上は絶対吸わないように。
もしまた吸ったら幻のブーメランフックが火が吹くよ?
オイラの爪はいつでも血を吸いたがってるんだぜ?
って言う感じの表情で一応釘を刺しといた。

つか、これ書いてる間にもう2本吸ってやんの。
残り2本しかないm9(^Д^)プギャー
2005-10-08(Sat)
 

闇に浮かび上がる

闇に浮かび上がるオイラ。
何かバットマンみたいだよね。
耳がピンッとして。
おっさんがかっけーって言いながらパチリと撮った写真だよ。
前に早朝に撮った写真だけど、我ながらなかなかカッコイイですな。


照れるなぁって思ったから、一応おっさんの顔をペロペロ舐めといた。
そしたら、なんかおっさん臭かった。
そんな朝焼けを満喫したオイラでした。
2005-10-08(Sat)
 

宇宙戦争

この映画は言わずと知れた、スピルバーグの最新作だけど、60年代に作られた宇宙戦争のリメイクです。
この映画については、賛否両論真っ二つに別れてるようだけど、オイラはすげー面白かった。
まぁ、タイトルは宇宙戦争ってなってるけど、戦争では無かったですな。
戦争ってより、ひたすら逃げて逃げて逃げ回ってって言うような映画で、そう言う事から言うとパニック映画っぽいかな。
トム・クルーズミッション:インポッシブル並に敵をやっつけるために派手なアクションもしないし、地球を助けるために飛行機で宇宙人と戦ったりもしない。
あ、逃げるためのアクションは盛り沢山だよ。
って言うか、凄いっすわ、その逃げ回る様が・・・
でも、あのトム・クルーズが、ただひたすら逃げ回るって映画は珍しいって言うか、無いのではないでしょうか?

しかし、この映画は凄い迫力!
滅茶苦茶怖い!
あの宇宙船から出るウボァーーーーーーって言う音・・
恐ろしい・・・
こんな映画、映像を見たのは久しぶり!
それだけでも見る価値アリです。
オイラも肉球に汗を握りながら見ましたよ。

あんな宇宙人が来たらオイラ膀胱内のおしっこ全部漏らす自信があります。
ここからネタバレ

続きを読む>>

2005-10-08(Sat)
 

隠れ家

この前書いたように、飼い主のおっさんに鬼ごっこで追いかけ回されるとおっさんにキッスされてしまうので、オイラも逃げ回る訳さ。
まぁオイラほどの瞬発力の力さえあれば、おっさんの目をくらますのは訳もないことだけど、オイラも疲れてしまった時には隠れてしまうのよ。
息はハァハァだし、恋してる訳じゃないのに心臓はドキドキだし。
おっさんも、(;´Д`)ハァハァしてしまってオイラを見失ってしまうと「あれ?チコどこ行ったー」ってオイラを探し回るのよ。
おっさん諦めが悪いから。
オイラも鼻息荒いから呼吸音で見つかってしまうのさ。
んで、これがついに見つかってしまった時のオイラ。


この時はテレビの上のカーテンに隠れてたんだけど、おっさんの粘りの勝利で見つかってしまった時の様子。
ヤバイ・・・って顔してるでしょ?
んで、オイラを見つけた時のおっさんはヤバイね。
もうね、(*゚∀゚)=3ハァハァ って言ってオイラを抱っこするとハグハグハグってオイラの体に顔を埋めてくるのさ。
お前フカフカしてて可愛いなぁって言いながら。
ぎゃあああああああああああ
って言いながらまた、逃げてしまう。
んで、逃げ回って疲れてしまうとまた隠れる。


こんな感じで。
これはおっさんの部屋の押し入れの中に隠れてるところ。
おっさん・・・押し入れの中片付けろよ・・・
まぁオイラは狭いところが大好きだから、落ち着くけど・・・
2005-10-07(Fri)
 

バットマン ビギンズ

何か意図せずにも古い映画の感想ばっかり書いてしまってるので、今日は新しめの映画の感想なんか書こうと思います~

バットマン ビギンズティム・バートンが作ったバットマンより前の話で何故、大富豪ブルース・ウィンがバットマンになったのかを描いてます。

この映画の公開の時、渡辺謙が悪役で出演するってことで騒がれたけど、出てくるのは序盤だけでしかもほんのちょい役。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
あんなに話題になってたのに・・って思ったけど、それはそれでおいといて面白かったっすわ、この映画。
画面全体が今まで以上にダークな雰囲気。
設定もティム・バートンのバットマンのような漫画ではなく超リアル。
バットマンの武器やバットマンカーなんかも何らかの理由付けされていて、なるべく不自然なところの無いように、気をつけられていました。
ブルース・ウィンもクリスチャン・ベールになって若返ったよね。
え!あの太陽の帝国 の子がこんなにゴツゴツとした子に・・イヤン
なんてことはオイラはアメリカン・サイコサラマンダーで免疫済みですよ?
んで、肝心のバットマン、すげー不気味でしたわ。
なんか、出てきたときはゾッっとしたよ・・デタ━(゚∀゚)━!!!こわっ・・って感じで。
悪役のスケアクローも怖かった!
細身でへっぽこなんだけど、薬品を使って相手に幻覚を見せて精神を壊すなんて・・・
オイラの飼い主のおっさんなら鼻の粘膜にたった一粒の薬品が付いただけでも幻覚見ちゃうだろうなぁ
だって、バットマン見終わったら俺もバットマンになりてぇー・・
後10歳若かったらなぁ・・って言ってたけど、それって歳の問題(´・ェ・`)カナー
違う気がするんだけど・・・ま、いっか(・ε・)キニシナイ!
あ、ゲイリー・オールドマンが味のある警官の役で出てたよ。
それにしてもゲイリー・オールドマンン久しぶりに見た気が・・
蜘蛛女とか好きなんだけどなぁ・・
新しい映画にも出て欲しい(*´・д・)(・д・`*) ネー

この映画最初の方はちょっと退屈だけど中盤以降は凄く面白い!
この超リアルバットマンおすすめです。
2005-10-06(Thu)
 

鬼ごっこ

オイラ寝飽きて起きると、おっさんに遊んでってせがむんだよ?
んで、おっさん足の周りをグルグルとグルグルと何回も回って遊んで、遊んでーってせがむと、おっさんが「仕方ねーなー」っていいながら遊んでくれるのよ。
遊び道具は鈴とかネズミのおもちゃとか色々あるけれど、今日紹介するのは何にも使わないで、ただひたすらおっさんに追いかけられるってもの。
要するに鬼ごっこだよね?
ただ、捕まると大変なんだよー
おっさんに無理矢理キッスされてしまうの。
確かにオイラはメスだけど種族が違うから・・
でも無理矢理押さえつけられてキッスされてしまうって訳。
はい、(´;゚;3;゚;`)んーって
あ、おっさんはこんなに不細工じゃないよ、
むしろハンサムって自分で言ってた。
なんか空しいよね?
だからオイラも必死に逃げるよ
きゃーーって感じでw
でも、おっさんも賢いもんでフェイントとか使ってオイラの意表を突く訳さ。


んで、これがオイラが捕まってしまっておっさんに降参してる時の姿。
この時は流石にオイラもハァハァと鼻息が荒いわけだけどキッスはお構いなしにやってくる
はい(´;゚;3;゚;`)んーって
もうこうなってしまったら乳酸溜まってヘロヘロで体も動かないし素直に降参です。
おっさんの好きにさせてしまって、おっさんが解放してくれるまで待つしかないよね。
んで、解放してくれたらいつものポジションで、ほどよい運動の気持ちいい疲労に包まれながら、また寝てしまうんだよ?
2005-10-05(Wed)
 

48時間

今日はこの前BSでやってたのを録画しといた48時間を見ました。
80年代ノリに乗ってたウォルター・ヒルの映画だけど、久しぶりに見たらやっぱり出てましたわ。
男汁。
ニック・ノルティがカッコイイ!
所謂ダンディズムってやつですな。
確かに古い映画だから所々理不尽に感じたり、安っぽいなって感じたけど、まぁ映画として見る分には全然OK。
確かこの映画がエディ・マーフィの映画デビュー作のはずだけど、やっぱオイラはニック・ノルティがよかった(*´・д・)(・д・`*) ネー
格好良いよ、ニックおじさん。
でも2人の掛け合いもも良かったし、エディ・マーフィも良よかったよ?
80年代話題になってたマシンガントークでは無かったけど。
ストーリーはと言えば、脱獄した囚人を捜す為に残り6ヶ月で出所するエディ・マーフィその脱獄した囚人捜しに手伝ってもらうってもの。
一緒に見てたおっさっんも、「俺もこんな感じのおっさんになるはずだったのに何処で間違えたんだろ・・・まぁ、まだ若いけど・・」って焦点の定まらない遠い方を眺めながら言ってたよ?
何か切ないよね?
2005-10-05(Wed)
 

バタリアン

今日は懐かし映画バタリアンを見ました。
その前の世代までのゾンビはジョージ・A・ロメロの映画のようにフラリフラリとゆっくり歩き野生の力で素早く動く自信があるオイラなんかは絶対捕まらない自信がありました。
当時小学生だったおっさんも大勢いたらヤバイけど、まばらなら、それこそ優雅にヒラリヒラリとかわせるはずって言ってたみたいよ?
おっさん・・・普通に無理だろ・・・って正直思ったけど何も言わずにフンって鼻息だけで適当に返事しといたw

でもこのバタリアンはヤバイ!
思いっきり走って襲ってきたり、頭を攻撃しても死なない、細切れにしても駄目。
完全に殺すには焼却しか無いけれど死体を燃やした煙からまた薬品が漏れだして周りの死体を復活させてしまうって本当に絶体絶命な状態。
もう、こうなってしまったら、何をしても駄目だよね。
だって、どうやっても復活しちゃうし大量のゾンビには囲まれてしまってるし・・・
最近の映画ではドーン・オブ・ザ・デッドなんかも思いっきり走って襲ってきたよね。
どのゾンビでも走って襲って来るゾンビはやっぱ怖いっすわ。

この映画は明らかにB級映画の部類に入ると思うけど、何にも考えずに見れる映画だから疲れないし、今見ても結構楽しめると思います。
おすすめです。
2005-10-05(Wed)
 
プロフィール

チコ

Author:チコ
13歳の幼女だよ
飼い主のおっさんと暮らしてます
よろしく~

みんなのプロフィールSP
カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
2310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
951位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。