スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

輪廻

今日はこの前見てきた輪廻の感想を書こうと思います。
この映画は呪怨を撮った清水崇監督の新作だよね。
んで、優香が主演してます。
カワイイよね、優香。
おっさんもトキメキながら見に行ったのね。
わーい優香だーわーいって。
なんだかおっさん、きんもーっ☆
おっさんなどほっといて、先に進むと、どうなんでしょう・・・
この映画・・・・
ストーリー展開は呪怨のようにキーワードというか、元をたどると一本のストーリーなんだけど物語をバラバラにしています。って言っても主な登場人物は2人かな、この輪廻の方は。
一応の主人公は優香だけどね。
構成などは呪怨っぽいです。
んで、ストーリーなんだけど何十年も昔、ホテルで何人も無差別に殺された惨殺事件があってそれを映画化することになる。
その映画の主人公に優香が抜擢される。
その時から優香の周り、或いは他の人間達に奇妙な現象が起るってストーリーです。

感想なんですが、ホラーなのにオイラちょっと笑っちゃいました。
なんだこれ?って思うところが所々・・・
物語も稚拙でなんか小学生が真剣に霊の事を相談して作ったような・・・
とても安っぽく感じました。
映画って言うのはどんなストーリーでもいいから、観客を納得させなくては駄目だとオイラは思うのね。
例えばスターウォーズなんかは、遙か昔、銀河系の彼方っ設定だからこそ違和感なく見れたわけです。
だって話が出来る獣って言うか宇宙人みたいなのいっぱい出てくるじゃん。
それにフォースみたいな超能力もやっぱり背景が遙か昔、銀河系の彼方って事だから物語に違和感なく見れたわけで。
そー言うのがこの映画には全く欠けていると感じました。

でも、この監督はお化けでギョッっとさせるのは上手いよね。
時々、急にお化けが出てきたり、不気味にお化けが漂ってたり、そー言うお化けの表現は上手かったです。

呪怨を最初に見たのはVシネの方だったけど、あれはとても衝撃的でした。
本当に怖かった。
でもこの輪廻はチョット・・・
オイラはあまりお勧めできません。

清水崇監督の次回作がハリウッドで寄生獣だって何処かで聞いたけど、こんな調子で大丈夫なんだろうか・・・
スポンサーサイト
2006-01-16(Mon)
 
プロフィール

チコ

Author:チコ
13歳の幼女だよ
飼い主のおっさんと暮らしてます
よろしく~

みんなのプロフィールSP
カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
3200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
1242位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。