スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ミュンヘン

昨日ね、ちょっと暇が出来たんで、まだ借りてきたDVD1本しか見てないのにも関わらずミュンヘンとフライトプランを見てきました。
どうすんだよ・・後5日で9本か・・・ヤバイかもしんない・・・
とりあえず、今日はミュンヘンの感想を書こうと思います。

この映画は、言わずと知れたスピルバーグ大先生の最新作だよね。
噂じゃ宇宙戦争撮った後、休まずにすぐこの映画撮ったらしいよ?
たしかに、宇宙戦争からこの映画までのスパンは短いよね。
後、主演はエリック・バナが出てます。
この人はトロイ、ブラックホーク・ダウン、ハルクに出てた人だよ。
トロイ、ブラックホーク・ダウンは良かったよね。主役じゃないけど無骨な感じがして。
エリック・バナもこれ等の映画では自分の魅力出してていい感じだったたよね。
主役じゃないけど。
ハルクは主役だったけど、ちょっとアレだよね・・・
SFXは凄かったけど。
後、次期ジェームス・ボンド役のダニエル・クレイグが出てます。
小学生の頃からロジャー・ムーア番007に憧れて、モテモテ工作員になるのが夢だったおっさんも、この人で大丈夫なんだろうか・・・ってちょっと不安げ。
まだ、もうちょっとピアース・ブロスナンでいいような気が・・
ま、まだ完成してない映画の心配は後にして、この映画なんだけど良かったっすわ~。
うん、すっごい面白かった。
やっぱ、スピルバーグ大先生凄いっすわ。

まぁ宣伝もいっぱいしてるので、みなさん大体は知ってると思うけどパレスチナゲリラとイスラエルの秘密工作部門、モサドの戦いの話です。
演出はね、凄く淡泊で淡々とした演出で押さえてます。
これはスピルバーグ大先生のことだからワザとこういう取り方をしたと思うんだけど、これもよかったね。
雰囲気を壊さない演出、キャメラワークで。
主人公のエリック・バナがどんどん精神的に追い込まれていく様が見事に表現されてました。
やっぱり、いくら国のためでも人を殺して行ってまともな神経で居られるはずはないよね。
オイラなら怖くて絶対涙流しながら全力疾走で逃げちゃうよ・・
空き箱の中へ・・・

んで、ストーリーなんだけどミュンヘンオリンピックに黒い九月と呼ばれるパレスチナゲリラが占拠し、イスラエル選手団を人質に立てこもるんだけど、そのゲリラ達は選手全員を殺し、逃亡することに成功する。
イスラエルでは、この事件を受けこのパレスチナゲリラ黒い九月を全員暗殺することを決意する。
そのリーダーに選ばれるのがエリック・バナだった・・・。
って話です。

この映画、とても深いです。
今の中東問題がどんなに根深いものか。
果たして、この地域に平和は来るんでしょうか?
う~~~~ん・・
正直猫のオイラには手に負えないかもしんない症候群・・・
でもさ、今日も中東では殺し合いが行われてるんだよ?
こわっ・・・
オイラ日本の猫で本当に良かった
娯楽映画として見ても、十分歯ごたえのある映画だったよ。
なので、あまり堅苦しいのは見たくないって方でも十分楽しめると思います。
この映画、お勧めです。
スポンサーサイト
2006-02-14(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

チコ

Author:チコ
13歳の幼女だよ
飼い主のおっさんと暮らしてます
よろしく~

みんなのプロフィールSP
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
810位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。