スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

いま、会いにゆきます

今日はWOWOWで「いま、会いにゆきます」をやってたので、それの感想を書こうと思います。
この映画オイラ噂では知ってたんだけど、まだ見てなかったんだよね。
つか見る気が全くしなかったってところが正確。
なんとなーくあらゆる意味で安っぽい感じがして。
んで、WOWOWでやってることだし見てやるかぐらいの気持ちで、全く期待しないで鼻くそホジホジしながら見てみたんだけど、見終わったら・・・
感動や、感動の祭りやでぇ~、ワッショイワッショイ
おっさんもオイラが覗いてみたら涙目になってた。
竹内結子も綺麗だったよね。
おっさんもか、かわいい・・・
是非とも文通から始めたいので、よろしくお願いします。
とか訳の分からないこと言ってたけど、リアルで家の飼い主のおっさんなんて見たら屁ぶっかけられて終わりだよ?
まぁ竹内結子さんぐらいの立派な人間なら、そんなことしないで丁寧にお断りすると思うけど・・・

あらすじは、1年前に妻が死んでしまったんだけど、その妻がある日突然夫と息子の前に姿を現すってもの。
その妻は何でここにいるのか分からず夫や息子のことも分からない。
要するに記憶喪失みたいな感じですな。
そこから妻と夫の出会いから恋に落ちるまでを散りばめながら物語が進んでいくってストーリーです。

まぁ確かに演出や雰囲気、カメラワークなんかはTVドラマの延長線のようで、正直安っぽいなぁって思いました。
けど、感動しますよ?
作品のデディールにこだわらない人なら楽しんで見られるはず。
そんな人にはお勧めです。
スポンサーサイト
2005-10-10(Mon)
 
映画『いま、会いにゆきます』
ママはいない、パパはガソリンの回りが悪い、それでも明るく気丈な佑司(武井証)に、最初からウルウルきそうだった。 物語は、事故の拍子に9年後の自分にタイムスリップした二十歳の澪(竹内結子)が、一度は別れた巧(中村獅童)と結婚し祐司という子供がいることを知るが、
[茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]  2005-10-10 02:23
『いま、会いにゆきます』
監督、土井裕泰。原作、市川拓司。2004年日本。ラブ・ファンタジー映画。出演、竹
[erabu]  2005-10-10 02:58
いま、会いにゆきます
今日は1日中天気が良くなかったので。 家の坊主と一緒に「いま、会いにゆきます」見てました。 もう何回見ても泣けます。 坊主「パパ泣いてるでしょ!」 パパ「お前だって目が真っ赤じゃん!」 この言葉の繰り返し。 ラストの (子供と手を結んで歩いていく後
[パパと社長]  2005-10-15 07:08
いま、会いにゆきます
「世界の中心で、愛をさけぶ」に続き、泣ける映画ってことで、噂になっていた「いま、会いにゆきます」。やっぱりこれは映画館で見ねば!と、この前見てきました(なぜか岐阜(^_^))。話としては、1年前に妻に先立たれた、6歳の子供と暮らしている父親の所に、梅雨の季節
[欧風]  2005-10-15 14:33

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

チコ

Author:チコ
13歳の幼女だよ
飼い主のおっさんと暮らしてます
よろしく~

みんなのプロフィールSP
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
2367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
964位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。