スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

父親たちの星条旗

みなさん、ただいま帰ってまいりました
さっそく下町のナポレオン、いいちこをロックで頂きながら感想を書こうと思います

さてさて、この映画はクリント・イーストウッドの映画ですな
っと言ってもクリント・イーストウッドは出てきませんが
監督に専念した作品だよね
それに、この映画ではクリント・イーストウッド自ら演じられる役は無いような気がします
でもさ、最近・・・って言ってもここ10年ぐらいかな、クリント・イーストウッドって本当に良い映画撮るよね
考えてみれば、許されざる者の頃から本当に深みのあるイイ映画を撮るようになったなぁって思います
それにこの映画スティーブン・スピルバーグ大先生が制作に加わってますな
きっと、イーストウッドの深みのある演出に共感を持ってるんでしょう
オイラの勝手な野生の感だけどね

後キャストなんだけどライアン・フィリップスが出てます
この人はね誘拐犯とかボーイズ・ドント・クライとかゴスフォート・パークに出てたよね
イイ映画に出てる事が多いんだけど、なかなかこの人に注目が当たりませんなぁ
カッコイイと思うんだけどね
それから、アダム・ビーチって人も出てます
この人は、ほら、ウィンドトーカーズでインディアンしか知らない極秘コードを翻訳するインディアン役の人
結構印象深かったよね
あと、驚いたのはポール・ウォーカーが、出ておりましたよ
びっくりしたね
オイラ知らなかったよ・・・
しかもこんな主役級のイケメンが何故か端役
が、よく考えてみると映画をポール・ウォーカーという強力な個性が全面に出てない分、むしろ映画全体としてまとまりが出てて、この端役で良かったかなぁって思います
他にもバリー・ペッパーとか出てましたな

さてさて、この映画なんだけど、すげぇええええええええええええええ面白かった
いや~、いい映画だったっすわ
本当に、イーストウッドって最近いい映画撮りますわ
ただね、回想と今の話、ようするに戦闘シーンと普通のアメリカでのシーンの交錯が多すぎた気がします
行き詰まる戦闘シーンでうわぁ~~すげーーーって思ってると急にその戦闘シーンは終わってしまってアメリカ国内のシーンになって、え!?って思ってしまうこともしばしば
でも、ちゃんと、その戦闘シーンの続きは後からまた、ちゃんと見せてくれますが
ちょっと、編集がゴチャゴチャしすぎた気がしました
が、それでも、この映画すげー面白かったよ
んで、やっぱり戦争映画といえば、オイラの中ではプライベート・ライアンなんだけど、プライベート・ライアンと比べると、やっぱり戦闘シーンの凄さは落ちちゃう
やっぱスピルバーグ大先生には及びませんでしたわ
迫力とか緊張感とか
それでも、戦闘シーンもまぁ凄かったね!
手や、足はもげてる
内蔵は飛び散る・・・などなど
恐ろしいシーンもてんこ盛りでした
それに、プライベート・ライアンと比べても死体の写生は精密で、凄く残酷に見えました
なので、グロに耐性の無い方は、つらいシーンもあるかも
でも、それにも増して、凄くいい映画だから見て貰いたいとはオイラは思っております
あのね、おっさん見てきたじゃん
そしたらね、映画館に4人しかお客さんが入ってませんでしたよ
おっさん入れて
しかも、若いかわい子ちゃんなど皆無で、おっさんばっかりでした
もちろん、家のおっさんも加えて
まぁ確かにデート映画には厳しいかもだけど、いい映画だから、一杯みてもらいたいなぁ、オイラ的には

さて、ストーリーなんだけど、心臓発作を起こした老人が倒れる
その老人は第二次大戦中、硫黄島での戦いに身を投じていた
その戦いは凄惨で酷いものだったけど、硫黄島の山の頂上に立てた星条旗を立てた所を写真に納められ、その写真が元で本人達の意志とは別に英雄に祭り上げられてゆく・・・

って話です
この映画、すげー良かったよ
面白かった!
是非、映画館で見ることをおすすめします
やっぱり、戦争映画は、テレビの小さい画面じゃなくて映画館の大迫力で見るに限ると思いますよ
スポンサーサイト
2006-10-30(Mon)
 
バリー・シーン
バリー・シーンバリー・シーン(Barry Sheene MBE、1950年9月11日 - 2003年3月10日)は、イギリス出身のモーターサイクル・ロードレース (オートバイ)|ロードレーサー。ゼッケ
[momokoのblog]  2007-01-27 02:08

コメントの投稿

非公開コメント

 

ダーティーハリーの時のクリントイーストウッドってあまりスキじゃなかったんですが最近良いですよねー。円熟味って言うんですか?

この映画はみたいなーって思ってるんですよ。
でも、グチャグチャなシーンもあるんですねぇ。
夢に出てきそう...。
2006-10-31 23:00 | pannko | URL   [ 編集 ]

 

pannkoさんへ

そうですよね、許されざる者のクリント・イーストウッドはすげーよかったなぁ(´∀`*)ウフフ

この映画も本当に面白かったですよ
うん、確かにちょっとグロイシーンが・・・
グロイシーンの時はすげー薄目で見てオイラを思い出すといいかも
戦争映画なので映画館のド迫力で見るといいっすよー
(´∀`*)ウフフ
2006-11-01 22:19 | チコ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

チコ

Author:チコ
13歳の幼女だよ
飼い主のおっさんと暮らしてます
よろしく~

みんなのプロフィールSP
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1861位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
776位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。